安産祈願・戌の日ドットコム

こちらの広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み

※更新日:

(豆知識)安産祈願(戌の日) 初穂料(お金)相場やのし袋書き方などについて

初穂料(お金)の入ったのし袋を渡す時の様子

※情報・画像提供:姉妹サイト「初穂料どっとこむ」より

 

安産祈願の初穂料について(目次)

 

 

初穂料とは?

初穂料(はつほりょう)とは、神社で祈祷してもらった際、「神様に奉納する金銭」として納めるお金のことをいいます。

※お寺の場合は祈祷料

 

「初穂(はつほ)」とはその年の初めにとれた農作物のことを指し、古来より神様にその初穂を奉納していました。

その農作物が現代では金銭に代わり、祈祷やお祓いなどの謝礼を「初穂料」として収めるようになりました。

 

 

安産祈願の初穂料 金額の相場は?

安産祈願の初穂料の金額は、5,000円〜10,000円くらいで、「お気持ちで…」としている神社も多いですが、金額を決めている神社も多くあります。

 

安産祈願は他の願意の祈祷よりも初穂料の金額が高く設定されている神社も多く、金額10,000円などと決まっているところもあります。

 

授与物も岩田帯(腹帯)や安産のお守りなどがあります。

 

当サイトの各都道府県神社ページでは、それぞれの神社の初穂料(祈禱料)も掲載していますので参考にしてみて下さい。
※各神社HP内に記載があるもののみ掲載。不明の場合は「?」と表記

 

 

安産祈願 初穂料はのし袋に包んで渡す

安産祈願を含めた祈祷を神社にお願いし、初穂料を渡す時には、のし袋(金封)に包んで渡すしきたりがあります。

 

安産祈願(戌の日)初穂料 のし袋表書き 書き方

※初穂料(お金)とのし袋のイメージ(写真提供:初穂料どっとこむ

 

これは日本には古来より、お金を現金のまま渡すことを避ける風習があり、結婚式や葬儀の時などをはじめ多くの場面でお金をのし袋に包んで渡します。

 

また祈祷の儀式の中で、この初穂料を祭壇に祀り、お祓いをする儀式もあります。

そのため祭壇に祀れるように現金のままでなく、のし袋に包まれる必要があります。

 

そして以下のようにのし袋の表書きや中袋に祈祷を受ける人(安産祈願の場合は、ご夫婦の姓、もしくは姓名連名で記入)の名前を記入することで、複数の人が合同で祈祷を受けるなどの時に、どのお金が誰によるものなのかを神社側の人が判別できるようにしています。

 

 

安産祈願 初穂料を入れるのし袋 書き方(表書き編)

初穂料はのし袋に入れ表書きには「初穂料」もしくは「御初穂料」と記し、水引の下(下段)にはご夫婦の姓のみ、もしくはご夫婦の姓名を連名で書きます。のし袋の水引は赤と白の蝶結びのものを使用します。

安産祈願(戌の日)初穂料 のし袋表書き 書き方

※安産祈願の初穂料 のし袋の表書きの書き方イメージ

 

最近では予めのし袋に「初穂料」と印刷されたものや、初穂料の文字が印刷された短冊が入っており、水引の間に差し込むタイプのものもありますので、そういったのし袋を利用するのもいいでしょう。

 

 

安産祈願 初穂料を入れるのし袋 書き方(中袋編)

のし袋の中袋には初穂料で包む金額を表に、裏に住所や氏名(ご夫婦の名前連名で)などを書きます。

安産祈願(戌の日)初穂料 中袋 書き方

※安産祈願の初穂料 のし袋の中袋の書き方イメージ

 

 

安産祈願をお寺に頼む際ののし袋 書き方

安産祈願(戌の日)お寺の場合の祈祷料のし袋表書きの書き方

※安産祈願の祈祷料 のし袋の表書きの書き方(お寺の場合)イメージ

 

地域によって戌の日の安産祈願はお寺でという方も多いかと思います。

 

お寺の場合は、のし袋の表書きは「祈祷料」や「御布施」と書き、他の部分は上記神社の場合と同じに書きます。中袋も同じで大丈夫です。

 

祈祷料もお寺によって様々ですが、概ね5,000円〜や7,000円〜とされている所も多いので、こちらも事前に調べておくことをおすすめします。

 

関西で安産祈願・お宮参りで有名な中山寺(兵庫県宝塚市)

関西で安産祈願・お宮参りで有名なお寺である中山寺(兵庫県宝塚市)の様子
中山寺の境内の様子や安産祈願について詳しくはこちら

 

 

安産祈願 初穂料を渡すタイミングはいつ?

安産祈願の初穂料を渡すタイミングは、祈祷の申し込みを行う窓口で、もしくはお社・本殿内の祈祷申し込みの場面で渡します。

 

※祈祷受付の様子(写真:富岡八幡宮の御祈祷受付の様子)

 

※祈祷申し込み後初穂料を渡す様子

 

祈祷の申し込み用紙を記入後、その用紙提出の時に一緒に初穂料(を包んだのし袋)を神職の方に渡します。

※お寺の場合もほぼ同様です。

 

 

のし袋は「ふくさ」に入れて持参しましょう

初穂料を包んだのし袋はそのまま持参でカバンに入れるよりは、「ふくさ」に入れて持参するようにしましょう。

 

※ふくさに入った初穂料ののし袋の様子

 

祈祷申し込みの際は、そのふくさから取り出し、初穂料(を包んだのし袋ごと)手渡しするようにします。

 

ふくさも金封タイプのもの、風呂敷タイプのものなどありますがどちらでもOKです。

どちらかといえば、金封タイプのもののほうが、中身を取り出しやすく使いやすいのでおすすめですね。

 

※初穂料ののし袋とふくさの様子(左:風呂敷タイプのふくさ、右金封タイプのふくさ)

 

 

初穂料・祈祷料は事前に用意しておきましょう

安産祈願の当日はママも妊娠中ですので、お出かけで持っていくものも多く、準備で大変です。なのでついついこの初穂料のことを忘れがちです。

 

ですので、当日の朝「あれ?初穂料用ののし袋用意したっけ?」などとならないよう、事前に、せめて前日までに用意しておくことをおすすめします。

 

当日気持ちよく安産祈願のお参りを迎えられるよう、事前の準備で安心しておきましょう。

 

安産祈願の初穂料について、もっと詳しくはこちらの姉妹サイトで!

※こちらの初穂料専門の姉妹サイト『初穂料どっとこむ』でも、「のし袋の表書きの書き方」や「のし袋の金額の書き方」などより詳しく安産祈願の初穂料について解説しています。ぜひご参考下さい。

 

安産祈願・戌の日に関するアンケートにご協力ください

アンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの安産祈願や戌の日への関心度合いを見ることができます。

安産祈願・戌の日などに関するアンケート一覧はこちら

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

こちらのページもおすすめ

 

マタニティフォトのスタジオ紹介|安産祈願後におすすめ!

 

安産祈願・戌の日のアンケートにご協力下さい

 

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです