安産祈願・戌の日ドットコム

こちらの広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み

(豆知識)安産後のお礼参りについて

 

お礼参りとは本来神仏にした願い事が成就した時に、お礼としてする参拝、布施を行なうことです。

 

願いするばかりで実際に願いが叶ったときにお礼参りをする人は少ないともいわれますが、きちんとお礼参りをすることで願い事は完結するそうです。

必ずお礼参りに行かなければいけないという決まりはありませんが、めでたく祈願成就し、無事に赤ちゃんが生まれた際は、お気持ちに従い、安産祈願をお願いした神社へ時間を作ってお礼参りに出かけるのもいいでしょう。

 

で、安産後のお礼参りって何をどうするの?

さてここで気になるのが、お礼参りに行くのはいいんだけど、

「一体何をどうすればいいのでしょう?」ということ。

 

安産祈願の際にいただいた、「お守り」や「お札」、「腹帯(岩田帯)」を神社にお返しするとお焚き上げしていただけますので、お産をした方のお名前で、皆様それぞれのお気持ちで神様へのお礼をご奉納しましょう。

 

お賽銭箱の前でお参りする他に、神前に進んでご祈祷を受ける場合は事前にお参りする神社に、連絡して受付方法などを確認してからでかけましょう。

ご祈祷などをうけるのであれば、初穂料(はつほりょう)として5千円くらいからが一般的です。事前にのし袋を用意しておきましょう。

(のし袋の書き方は安産祈願の時と同じでいいでしょう。連名で生まれた赤ちゃんの名前を書いてもいいでしょう)

安産祈願・戌の日に関するアンケートにご協力ください

アンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの安産祈願や戌の日への関心度合いを見ることができます。

その他の安産祈願・戌の日などに関するアンケートはこちら

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

こちらのページもおすすめ

マタニティフォトのスタジオ紹介|安産祈願後におすすめ!

 

安産祈願・戌の日のアンケートにご協力下さい

 

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです