安産祈願・戌の日ドットコム

上記広告枠への掲載についてはこちら「広告枠紹介・申し込み

※更新日:

(豆知識)帯祝い(おびいわい)とは?

帯祝いって何?

帯祝いとは妊娠してから安定期に入る5ヶ月目の最初の戌の日に行うお祝いの行事です。別名で着帯祝いともいいます。

 

安産祈願はこの帯祝いというお祝いの一環の一つで、神社やお寺にお参りし安産の祈祷を捧げてもらうものです。

 

妊娠を喜び元気な赤ちゃんが生まれることを願って、自宅で腹帯を巻いて食事をしつつ家族でお祝いします。

 

この時に巻く腹帯を岩田帯といいます。

戌の日に行うのは犬が多産でかつお産が軽いことにあやかってます。

岩田帯を初めて巻く儀式を『着帯の儀式』といい、かつては紅白の絹帯を重ねて巻いていました。
現在では、紅文字で「寿」と入ったさらしを巻いたり、腹巻き型やガードル型の腹帯を着用するのが一般的です。

 

※↓こちらのページに腹帯(岩田帯)の巻き方をイラスト付きで詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。

帯祝いの流れ

この帯祝いのお祝いに合わせて、まずは安産の神様に安産祈願のお参りで神社やお寺に参拝します。

 

安産祈願の祈祷をしてもらう場合、お祓いを済ませた岩田帯を授与してもらえる神社・お寺もあります。
また持参した帯に祈祷をしてくれるところもあります。

 

この授与または祈祷してもらった岩田帯をお腹に巻きます。
(巻き方は通いの産婦人科で聞く、妊婦の母親に聞くなどするのがいいでしょう)

安産祈願 着帯の儀の様子

 

その後は自宅に戻り食事でお祝いしたり、妊婦さん自身が食事の用意をしたりするのも大変なので、外食にしてお祝い膳を囲んで両家家族で食事会を行う方も多くいらっしゃいます。

※安産祈願→着帯と妊婦さんはやることが多いので、和食などランチを兼ねて外食でほっと一休みの時間にもしましょう。

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

こちらのページもおすすめ

 

安産祈願・戌の日のアンケートにご協力下さい

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

安産祈願のお参りあとは運だめし! おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです