安産祈願・戌の日ドットコム

こちらの広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み

※更新日:

(豆知識)帯祝い(安産祈願)で贈るお祝いについて

お祝いを贈るのはごく親しい身内のみ

帯祝い お祝いを渡す様子

帯祝いは身内で行うお祝いごとなので、実家の両親や親しい親戚からお祝いを贈ります。

 

贈る時期は妊娠5ヶ月の戌の日までに贈るようにしましょう。

 

お金を贈る場合

お祝い金として現金を贈る場合は、水引が紅白蝶結びののし袋(金封)を用意。

帯祝いのお祝い のし袋 表書きの書き方

 

表書きは「御帯祝」「帯掛御祝」、または「御祝」だけでもOK。

金額の目安は3,000〜5,000円。

 

妊娠5ヶ月以降はますます物入りになってきますので、現金でのお祝いはなんだかんだで嬉しいものです。

岩田帯(腹帯)を贈る場合

帯祝いの着帯の儀で巻く岩田帯は妊婦の両親が用意します。

 

デパートや最近ではネットでも購入できます。神社ではすでに祈祷がなされた帯を授与してもらうことができますので、それぞれの家庭に合う方法でご購入されるのがいいでしょう。

 

神社で授与してもらう場合は、安産のお守りも一緒に添えて贈るのもいいでしょう。

子安神社(東京都八王子市)境内の様子

※安産祈願で有名な東京都八王子市の子安神社 安産のお守りと安産腹帯

 

贈るときは紅白蝶結びののし紙をかけ、表書きは「祝い帯」「帯祝」、または「寿」でもOKです。

 

最近は帯タイプは巻くのが大変なので、ガードルタイプや腹巻タイプのもの好まれるので、妊婦さんに選ぶのもいいでしょう。

 

マタニティグッズや育児書なども

岩田帯を贈るのではなく、最近は実用的なもの、妊婦生活で必要なもの(必要になるものです)などを贈ることも多くなっています。

 

お腹も大きくなり、またこれからますます大きくなるので、マタニティウェアやマタニティ用のパジャマを贈ったりもします。

(事前に妊婦さんの好みなども聞いておくのがいいでしょう)

 

マタニティグッズは妊婦さんの好みもあるので、現金同様に使いやすいギフトカードを贈るのも喜ばれます。

 

その他に出産後のことを考えて、出産書や育児書などを贈ったりもします。

 

ベビー用品は控えましょう

ベビー用品を贈るのは、不幸にして死産になってしまうこともありますので控えましょう。

 

ベビー用品は無事に出産した時の出産祝いを渡すのがいいでしょう。

安産祈願・戌の日に関するアンケートにご協力ください

アンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの安産祈願や戌の日への関心度合いを見ることができます。

安産祈願・戌の日などに関するアンケート一覧はこちら

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

こちらのページもおすすめ

 

マタニティフォトのスタジオ紹介|安産祈願後におすすめ!

 

安産祈願・戌の日のアンケートにご協力下さい

 

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです