安産祈願・戌の日ドットコム

上記広告枠への掲載についてはこちら「広告枠紹介・申し込み

(豆知識)安産のお礼参り 時期はいつ頃に?

お礼参りの時期としては一般的には成就してからなるべく早い時期にといわれます。

 

出産の場合、赤ちゃんもお母さんも1ヶ月くらいは外出が困難なのでお宮参りと一緒にすませる方も多くいます。

※お宮参りについて詳しくはこちら↓

 

東京水天宮(仮宮)境内の様子

水天宮など安産祈願で有名な神社などでは、お礼参りも込みでお宮参りを行う方も多いようです(写真は東京の水天宮の様子)

 

真夏や真冬に出産された場合は30日目でもまだ暑い盛りであったり、または寒さが厳しいなど、まだ外出には厳しい時期なので、気候の良い時期にずらすか生後100日前後のお食い初めの時期にされてもよいでしょう。

安産のお礼参りは気候やお日柄、家族の都合など、固く考えすぎず柔軟な予定立てで

お礼参りするのであれば、赤ちゃんが外出するのに支障のない穏やかなお天気の日や時期を選びましょう。

 

また祖父母も集まりみんなで……というのは、忙しい毎日の中なかなか大変ですので、家族一斉に揃ってはお宮参りの時に行うというのもいいかと思います。
お礼参りはパパママと赤ちゃん、お兄ちゃんお姉ちゃんがいれば、一家で家族の幸せを感じながらお参りするのがいいでしょう。

 

元気に産まれてきた赤ちゃんを氏神様にお見せする素敵な一日に成りますように

安産祈願・戌の日に関するアンケートにご協力ください

アンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの安産祈願や戌の日への関心度合いを見ることができます。

その他の安産祈願・戌の日などに関するアンケートはこちら

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

こちらのページもおすすめ

 

安産祈願・戌の日のアンケートにご協力下さい

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

安産祈願のお参りあとは運だめし! おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

※「この神社について取り上げて欲しい!」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームからご意見送付下さい

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです